パレスチナ幻の国境 - 広河隆一

パレスチナ幻の国境 広河隆一

Add: uneni29 - Date: 2020-12-05 02:56:36 - Views: 4796 - Clicks: 6233

パレスチナ幻の国境 フォーマット: 図書 責任表示: 広河 隆一出版情報: 東京 : 草思社 形態: 254,7p 図 ; 20cm 著者名: 広河 隆一書誌ID: KB10027552. 広河 隆一 編著,日本図書センター(),本体価格9,000円. 広河氏は古い地図に記されていたこのダリヤトルーハという村、そこに暮らしていた人々を何年もの月日をかけて探し、そしてその間にもパレスチナ・イスラエルの間では様々なことが起こりましたが、今なお難民キャンプで生活するダリヤトルーハの方達. Amazonで広河 隆一のパレスチナ新版 (岩波新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。広河 隆一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 広河 隆一(ひろかわ りゅういち、1943年 9月5日-) は、日本のジャーナリスト。中国・天津市出身。大阪府立生野高等学校、早稲田大学教育学部卒業後、フォトジャーナリスト、作家として活動。大学卒業後にイスラエルを訪れ、滞在。.

広河, 隆一(1943-). 『パレスチナ幻の国境』 草思社、1976年 『ユダヤ人〈1〉ユダヤ人とは何か』『ユダヤ人〈2〉ダイヤモンドと死の商人』 三友社出版、1985年 - パレスチナ・ユダヤ人問題研究会との共編 『破断層』 講談社、1987年 - レバノンのパレスチナ人を題材とした小説. ユーザーレビュー|パレスチナ幻の国境|書籍, 本情報|社会・政治|政治・行政|HMV&BOOKS online Pontaポイント使えます! 広河隆一 関連人物 土井敏邦 - 中東ジャーナリスト。土井は広島大学においてパレスチナ問題に関する卒業論文を執筆し29&93;、大学卒業後に広河が編集長であったplo駐日代表部による中東関連に関する「. 12 Description: 254,7p ; 20cm. 私は「一ジャーナリスト」「一人間」としての自分自身を振り返るとき、清濁併せ持つ“ドロドロした人間”であることを改めて自覚せざるをえない。様々な欲望や邪悪で醜悪な部分を抱え、自身が醜いハゲタカのように思え、深い自己嫌悪に陥る時がある。その一方で、「理不尽に虐げられ、傷つけられ殺されていく人たちのことを伝えずにおくものか!」と涙をこらえながら必死にカメラを回す自分もいる。その両方を合わせ持ったドロドロした存在、その丸ごとが自分である。それは私だけではないはずだ。この文章を読んでくださっている一人ひとりも思い当たるだろう。広河氏だって、そうだろうと思う。 記事に書かれている広河氏の行為は、明らかに“性暴力”である。それに対すして広河氏は社会的な制裁を受けるべきだし、自身が被害女性一人ひとりにきちんと謝罪し、その罪を償うべきある。 しかし一方で、この事件のために、広河氏の全人格と、ジャーナリストとしてのこれまでの実績を全否定する動きには私は同意できない。広河氏がこれまで成し遂げたジャーナリストとしての、また社会活動家としての仕事、実績は否定されるべきではなく、きちんと評価され記録され、記憶されるべきだと私は思う。日本だけではなく国際的なジャーナリズムの歴史に残る広河氏の仕事と、それを成し遂げた氏のジャーナリストとしての精神は抹殺されてはならないと考えるのだ。それは「広河氏の業績を強調することで、氏が犯した性犯罪を免罪する」ことでは決してない。ただ「紙の一部が黒いから、紙全体が黒」とする空気はどうしても納得できないのだ。 それに広河氏の仕事の全否定は、広河氏がこれまで闘ってきた“権力” 側の「思う壺」であり、彼らを利し、増長させることになる。 一例を挙げるなら、福島の原発事故の後、「安全神話」のもとで原発再稼働を強行しようとする国や東京電力に対し、広河氏は被曝の深刻さと危険性を詳細な調査報道を通して伝え、警鐘を鳴らし続けてきた。もしそんな重要な仕事をもこの「性暴力」報道のために全否定するなら、いちばん喜ぶのは国や東京電力など“権力”側だ。 社会活動家として広河氏が立ち上げた「チェルノブイリ子ども基金」による現地施設や「NPO法人沖縄・球美の里」もこの問題で見放され、そこで救われてきた、またこれから救われるべき子どもたちも見捨てられていいのだろうか。 かつてジャーナリスト. 新版 フォーマット: 図書 責任表示: 広河隆一著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店,. See full list on doi-toshikuni.

1 図書 アラブとイスラエル : パレスチナ問題の構図. 広河 隆一(ひろかわ りゅういち、1943年 9月5日 - )は、日本のフォトジャーナリスト、戦場カメラマン、市民活動家。 フォトジャーナリズム月刊誌days japanの元編集長、同誌発行の株式会社デイズジャパンの前代表取締役および前取締役。. ぐるぐる王国DS ヤフー店のパレスチナ 幻の国境:ならYahoo! 『週刊文春』の記事から2週間ほど経った1月9日、我が家に「通販生活」(年春号)が届いた。その中に「落合恵子の深呼吸対談」のゲストとして広河氏が登場する。タイトルは「ジャーナリストは権力者が隠す加害の事実を世界に伝えるために戦場に行くのです」。その中に次のような広河氏の言葉がある。 「性暴力」が報道される前なら、スッと受け止められるこれらの言葉も、今では多くの読者から「なんだ、偉そうに! 言ってることとやってることがまったく違うじゃないか!」と罵声を浴びせられるだろう。 今回の報道で広河氏とその仕事を知る多くの人が、「これまでの広河氏の仕事や発言が完全に色褪せてしまった」と感じているはずだ。 それは広河氏とそのジャーナリストとしての仕事だけではない。ジャーナリズム全体にも深い影を落とす結果をもたらした。「ジャーナリストっていうのは、口では『正義だ』『人権だ』『人間の尊厳だ』なんて立派なことを言うけど、裏ではまったく矛盾したことを平気でやる連中だ!」というふうに、「ジャーナリスト」のイメージを大きく損なう結果を招いているにちがいない。広河氏が強い影響力を持つ著名なジャーナリストであるがゆえに、その打撃はさらに甚大である。 とりわけフォトジャーナリズムへの影響は深刻だろう。広河氏がフォトジャーナリストを夢みる女性に「キミは写真が下手だから僕が教えてあげる」(「週刊文春」)とホテルに呼び出し性暴力におよんだ事実、つまり「著名なフォトジャーナリスト」という立場を利用した性暴力は、「フォトジャーナリズム」への冒涜とも言える。. 広河 隆一 著書一覧 《ノンフィクション》 ユダヤ国家とアラブゲリラ 草思社 1971 パレスチナ 幻の国境 草思社 1976 ベイルート大虐殺 三一書房 1983 パレスチナ 岩波新書 1987 チェルノブイリ報告 岩波新書 1991 沈黙の未来 新潮社 1992. なお、土井はパレスチナ問題を取材対象とするジャーナリストとして戦場カメラマンの広河隆一に対して敬意を示し、広河隆一による女性に対する性暴力が明らかになり広河が様々な人たちから激しく批判された際にも、土井は『週刊文春』誌による報道.

パレスチナ幻の国境 ¥770 (送料:¥250~) 著者 広河隆一. パレスチナ幻の国境 フォーマット: 図書 責任表示: 広河隆一著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 草思社, 1976. パレスチナ - 瓦礫の中のこどもたち - 広河隆一 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が. パレスチナ幻の国境 - 広河隆一 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 広河隆一 著 、草思社 、1976 、254, 7p 図 、20cm 、1冊 初版 カバー焼けあり 文紀堂書店.

広河隆一『パレスチナ幻の国境』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. パレスチナ幻の国境 Format: Book Responsibility: 広河隆一著 Language: Japanese Published: 東京 : 草思社, 1976. 広河氏とは疎遠だったが、それでも氏の「女性問題」は、間接的に時々、私の耳にも届いた。映画の編集に関わった人たちや、『DAYS JAPAN』編集部の内情を知る人たちから、「広河氏が編集部に出入りする多くの若い女性たちを誘い、男と女の関係を持っている」という噂だった。私はいやな感情を抱きながらも、「広河氏のプライベートなことに関わらない」という以前からの姿勢を変えなかった。「『男と女の問題』は私のような第三者には内情はわからないし、親しい関係でもない自分が干渉することでもない」という考えだった。その根底には、トラウマになっている「女性問題」への嫌悪感があったと思う。 「広河氏との付き合いが長く、彼の『性暴力』を聞き知っていたはずなのに、土井は何もせず黙認した」という私への批判があるかもしれない。 ジャーナリストとしての実績の差、年齢差もあり、私は決して「親しい対等の関係」ではなく、広河氏の私生活について「口を挟む」ほどの間柄ではなかった。 『週刊文春』の記事を書いた田村栄治記者は、その後のネット記事の中で、『DAYS JAPAN』編集部に十数年、外部協力者として関わり、性被害の噂をたびたび耳にしながらも「何もしなかった」理由として、「下手に介入すれば、広河氏から名誉棄損だと言われたり、関係が悪化したりするのではないかという懸念もあった」と告白している。 また同記事の中で、田村氏は、被害女性たちの「変なうわさが立つと広河さんが仕事をしづらくなってしまう。そう思うと、誰にも相談できませんでした」「その人は、尊敬する広河さんに悪評が立つのは避けたいという思いだったんでしょう」という声を紹介している。 私が広河氏の「女性問題」に目を逸らした背景に、自分の中に同様の心理もたしかにあったと認めざるをえない。 しかし何よりも、私は、広河氏の「女性問題」が今回『週刊文春』で報道されたような、あれほど酷い「性暴力」であることは全く知らなかった。だからあの記事を読んだとき、私自身、大きな衝撃を受けた。私が長年抱いていた「広河隆一」というジャーナリストのイメージがガラガラと音を立てて崩れた。 これからの私の考えは、「『週刊文春』の記事は事実」という前提で書く。広河氏自身が「謝罪文」の中で、あの記事の内容を否定しなかったからだ。 「ジャーナリストなら、自分で取材して事実かどうかを確認すべ. 広河隆一氏と初めて会ったのは、1981年3月だったように記憶している。もう40年ほども前だ。当時、広島大学に提出した卒業論文「パレスチナ人の基本的人権に関する一考察」を読んでもらうために上京し、喫茶店で広河氏にあった。 広河氏のウィキペディアには、「土井が広島大学においてパレスチナ問題に関する卒業論文を執筆した際に、当時の広大にはパレスチナを研究している教員がいなかったため広河は事実上の指導教官として土井の卒論を指導し」と書かれているが、それは事実ではない。 大学時代、私は1年半休学して世界を放浪した。その旅の途上で、半年近くイスラエルのキブツ(集団農場)に滞在した。その期間中にキブツのボランティア仲間に誘われてガザ地区を訪ね、初めて「パレスチナ難民」に出会う。それが私にとって“パレスチナ”との出会いであり、あの時の衝撃が、その後の道を決める転機となった。 帰国後、大学での専門学科を「国際関係論」に変え、「パレスチナ問題」の研究者のいない大学で、イスラエルの新聞や「パレスチナ問題」の研究誌を海外から取り寄せ、また日本で「パレスチナ」について書かれた書籍を貪り読み、独りで卒業論文を書いた。 その日本の書籍の中でも、広河氏の著書『ユダヤ国家とアラブゲリラ』(草思社・1971年)、『パレスチナ 幻の国境』(草思社・1976年)は重要な参考書となった。そういう経緯で卒業直後に上京し、書き上げた論文のコピーを広河氏に「読んで批評を聞かせてください」と手渡した。それが広河氏との出会いだった。 それから半年後、当時、ある中東専門雑誌の編集長だった広河氏から、「雑誌の編集記者をやってみないか」という誘いの電話が入った。当時私は、上京したものの本来やりたいことからかけ離れた旅行雑誌の編集集団でアルバイトをして腐っていた。そんな私は、広河氏の誘いに飛びついた。結局、それが現在の仕事の出発点となった。 私が編集記者に加わってすぐ、広河氏は雑誌編集長の職を離れてフリージャーナリストに戻った。その直後の1982年9月、ベイルートで「サブラ・シャティーラ虐殺」の現場に世界で最初に入って取材し、この事件を全世界に伝えた。この大スクープで広河氏は世界的なジャーナリストとして脚光を浴びることになる。 その後の活躍もめざましかった。レバノンやイスラエル内、占領地でのパレスチナ・イスラエル問題の報. 7 図書 パレスチナ.

パレスチナ 幻の国境. 高橋, 和夫(1951-) 講談社. 12 形態: 254,7p ; 20cm 著者名: 広河, 隆一(1943-) 書誌ID: BN05906882.

『パレスチナ新版 (岩波新書)』(広河隆一) のみんなのレビュー・感想ページです(41レビュー)。作品紹介・あらすじ:まさに泥沼ともいうべき、流血の対立の渦中にあるパレスチナとイスラエル。だが、ここに至る関係の歴史を正確に知る人は、意外に少ないのではないか。六〇年代後半から. パレスチナ Format: Book Responsibility: 広河隆一著 Language: Japanese Published: 東京 : 岩波書店, 1987. テンプレート:出典の明記 テンプレート:Infobox journalist 広河 隆一(ひろかわ りゅういち、1943年 9月5日 - ) は、日本のフォトジャーナリスト。 パレスチナ幻の国境 - 広河隆一 イスラエル 、 パレスチナ の双方に多くの人脈と知人を持ち、 パレスチナ問題 を取材し続けている。. 5 形態: iii, 255, 7p ; 18cm. Pontaポイント使えます! | パレスチナ幻の国境 | 広河隆一 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 広河 隆一 著,草思社(1976. 『別冊 戦争とフォト・ジャーナリズム』(広河隆一) 最後に出されたこの『別冊』は、他の全11冊とは異なって、5つの章のはじめにそれぞれ象徴的な写真が1枚ずつ配されているだけで、写真を中心としたフォト・ドキュメンタリーではありません。.

・パレスチナ 幻の国境 b6 カバー 帯 広河隆一/昭51/草思社 ・インティファーダの女たち パレスチナ被占領地を行く b6 カバー 帯 古居みずえ/平2/彩流社 ・私のなかの「ユダヤ人」 b6 カバー 帯. 広河氏の「女性問題」については、早い時期から私は周囲から耳にしていた。しかし私はそれに触れることを意図的に避けてきた。それは私自身の個人的な幼児体験からくる“嫌悪感”からだった。 私の父は、私が5歳の時に外に愛人を作って家を出た。母は父が残した借金返済に追われた。その母の暗い悲しい表情が私の脳裡に焼き付いている。その後の残された私たち4人の子どもと母の悲哀、苦悩の記憶が一種のトラウマとして、還暦を過ぎた今なお私の中に深く刻まれている。そんな体験が、私の「女性問題」を耳にすることへの嫌悪感となっているのだと思う。 広河氏の「女性問題」をよく耳にするようになって、私は広河氏から距離を置くようになった。そして「プライベートな面では近づきたくない存在だが、そのジャーナリストとしての仕事は遠くから見て学び励みにする」――ジャーナリスト・広河隆一は、私にはそういう存在となった。. 『パレスチナ 新版』 広河隆一 予備校へ通っていた時に、地理の先生がパレスチナのことを「国境なんて百害あって一利なしだけど、ここだけは国境が必要かもしれない」と言っていたのを思い出しました。. 8 Description: iii, 228, 4p ; 18cm. パレスチナ フォーマット: 図書 責任表示: 広河隆一著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 岩波書店, 1987. 年にJVJA(日本ビジュアルジャーナリスト協会)の立ち上げを広河氏から呼びかけられたとき、私はすぐに賛同した。きっかけは、年春、パレスチナ・ヨルダン川西岸で起こったイスラエル軍の再侵攻だった。 年4月、ジェニン難民キャンプがイスラエル軍に包囲され大量殺戮と破壊が起っているという情報に、広河氏をはじめ日本や海外の多くのジャーナリストたちが一斉にジェニンへ向かった。私もその一人だった。当時、まだイスラエル軍に難民キャンプが包囲され、ジャーナリストが中に入ることは困難だった。私たちはなんとか兵士の監視の目をかいくぐってキャンプ内に入ろうとその機会をうかがっていた。広河氏も侵入を試みたが、兵士に発見されて戦車に追いかけられ、必死に民家に走り逃げ、やっと難を逃れた。私も侵入しようとして一時的に兵士に拘束された。 そんな私たちの体験から、広河氏が「フリージャーナリストは団結して自らを守らなければならない」と会の立ち上げを提案し、私と古居みずえさんを加えた3人が立ち上げ人となって会が発足した。ジャーナリストとしての実績、知名度、年齢差(私より10歳年上)などから広河氏が会のリーダーとなり、その活動を引っ張った。当時、出会ってすでに20年が過ぎていたが、実際にジャーナリストとして活動を共にすることはそれが初めてだった。会の方針や活動について広河氏と対立したこともあったが、ジャーナリストとして学ぶことも少なくなかった。 発足から6年後の年、広河氏は『DAYS JAPAN』発行で多忙になることなどを理由にJVJAを去った。間もなく、私も映画『沈黙を破る』制作に専念するためなどの理由から、実質的に会の活動から遠ざかった。 その後は、現在にいたるまで広河氏とはほとんど接触はなかった。その間も広河氏はドキュメンタリー映画『パレスチナ 1948・ナクバ』の制作や『DAYS JAPAN』発行などジャーナリストとしての仕事の領域を広げていった。私は遠くから「凄いなあ」と感嘆しながら仰ぎ見ていた。. 8 形態: iii, 228, 4p ; 18cm. 評価:20: 熱い本であることは認めるが。。。。 著者が若き日からライフワークとして関わってきたパレスチナについてまとめたもの。パレスチナの惨状の歴史と著者の歩みがクロスオーバーし.

パレスチナ幻の国境 - 広河隆一

email: iberacuc@gmail.com - phone:(466) 812-4676 x 5787

思考の最前線 - 浅沼圭司 - VMディスクシステム解析マニュアル

-> ソニー 見学!日本の大企業 - こどもくらぶ
-> こころの旅 - みかな

パレスチナ幻の国境 - 広河隆一 - ミドリ楽団物語 きむらけん


Sitemap 1

快楽(けらく)道導淫術 - ドクトル中島 - 野上敏行 やさしい事業税